日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

10月は【里親月間】です!「えがおのおやつ」は里親委託推進事業に協力しています

ダブディビONLINE STORE2021/10/19

みなさんは「里親制度」のことをご存知ですか??
私は、少し前までほとんど知りませんでした。
約5か月前、ある映画が見たくて飯田橋にある名画座に行きました。
私が見たかった映画と2本立てて上映されていたのが河瀨直美監督の「朝が来る」でした。


子どもが生まれない夫婦が養子縁組で14歳の少女が産んだ子供を引き取ってから6年、
実の母親である少女が「子供を返してください」と夫婦を訪ねてきます。
変わり果てた見た目の少女にいったい何があったのか、衝撃と感動のミステリーです。
(https://mirtomo.com/asagakuru-review/より引用)

この映画を見てから、里親のことが気になっていました。
私が里親になれるわけではないけれど、このまま何もなかったかのように見過ごして良いのだろうか…。
私の心の中で小さな葛藤がありました。
今すぐ何かできなくても、いつか何かできるように心に留めておこう、そう思っていました。

たまたまダブディビ・デザインの企画と私の想いのタイミングが重なり、
今月からお菓子の定期便「えがおのおやつ」を販売することになりました。
このお菓子は、売上の一部を、フォスタリング事業を行うキーアセット千葉様に寄付させていただくことで、
里親委託推進のために役立てていただきます。
そんな経緯もあり、今回のブログでは里親制度のことを少しご紹介できればと思っています。
里親について何も知らない方も、少し興味がある方も、自分には関係ないな…と思っている方も、
里親制度のことを少しでも知っていただける機会になると嬉しいです。

■里親月間とは??
それぞれの事情で親と離れて暮らすこどもたちが、日本には約45,000人いると言われています。
そうしたこどもたちを自分の家庭に迎え入れ、様々なサポートを受けながら養育するのが「里親制度」です。
近年では、里親制度に関する一連の業務を総称し「フォスタリング」と呼びます。
様々な研究から、一人一人のこどもを継続して同じ大人が支える、
家庭のようなスタイルがこどのも成長には大切であることがわかってきました。
日本でも、これまでは児童養護施設や乳児院という施設で、
数名のこどもたちが団体で生活をするスタイルが中心でしたが、
それぞれのこどもをもっと身近にもっと温かく育てる里親家庭での養育に移行しつつあります。
里親になりたい人を増やすことも必要ですが、
里親やそこでくらすこどもたちを受け入れる地域や社会の存在も重要です。
里親だけがこども育てるのではなく、地域や社会がこどもを育てるのです。
あなたにもできることがあります。
是非、里親制度のことを知って、この制度を応援する仲間になってください。

厚生労働省 令和3年度里親月間について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000098650.html

フォスタリングマーク・プロジェクト
https://fosteringmark.com/

映画「朝が来る」
監督・脚本・撮影:河瀨直美
http://asagakuru-movie.jp/

■キーアセット千葉様の取り組みのご紹介
今回、ダブディビ・デザインのお菓子の定期便「えがおのおやつ」では、
売上の一部を、フォスタリング事業を行うキーアセット千葉様に寄付させていただくことで、
里親委託推進のために役立てていただくことにしました。
キーアセット千葉様からのメッセージをご紹介いたします。

 

==============================
<キーアセット千葉様よりメッセージ>

私たちキーアセットは、それぞれのこどもたちのニーズに合った養育里親家庭で健やかに育つことができるよう、
愛情もって育んでくださる養育里親を増やし、養育里親をサポートする活動を行っています。
里親制度は、様々な事情により家族と離れて暮らしているこどもたちが
安心できる家庭環境のもとで愛情を受けて育まれるこどものための制度です。
まだまだ知られていないのが現状です。これをきっかけにまずはみなさんに知ってもらえるとうれしいです。
「えがおのおやつ」を通して、すべてのこどもの笑顔のために、一緒に応援してください。
==============================

また、里親月間に合わせ10月~11月に以下のイベントを開催されます。
是非お近くの方は足を運んでみてください!

<千葉市里親制度啓発パネル展示>
?知ってほしいな里親制度?
日程:2021年10月21日(木)~28日(木)
時間:10:00~16:00
場所:千葉市生涯学習センター(中央図書館)アトリウム
https://keyassetschiba.jp/2021/10/04/

<10月開催の養育里親説明会>(オンライン)
10月30日の養育里親説明・相談会はオンラインで開催されます。
https://keyassetschiba.jp/2021/10/11/

<千葉市里親制度啓発イベント>
?知ってほしいな里親のこと?
日程:2021年11月14日(日)
時間:10:00~16:00
場所:ゆみ~る鎌取ショッピングセンター 4階イベントスペース
(千葉市緑区おゆみ野3丁目16番地)
https://keyassetschiba.jp/2021/10/13/

■お菓子の定期便「えがおのおやつ」への応援メッセージ
この商品の開発中にアドバイスをいただいた京都光華女子大学の千葉先生から、
応援メッセージを頂戴しました。

==============================
<千葉先生からのメッセージ>

私をいつも心配してくれる人がいる、
いつ帰っても迎えてくれる場所がある、
こんな状況にある子どもたちを増やしたい。
そんな生き方を選んだのが里親さんたちです。

国連の「児童の代替的養護に関する指針」は、
生まれた家族等との同居が困難な場合に、替わりに整えられるべき生活環境を示しています。
その中で「3歳未満の児童の代替的養護は家庭を基本とした環境で提供されるべきである」
と明言されています。
私たちができることから、始めたいですね。

京都光華女子大学 健康科学部
医療福祉学科 社会福祉専攻
講師 千葉 晃央
==============================


「すべてのこどもにえがおを」

全国の福祉事業所で作られるおいしいお菓子が毎月届く、お菓子の定期便サービス「えがおのおやつ」です。
「えがおのおやつ」でお届けするお菓子は、素材にこだわり、丁寧に心を込めて手作りした安心安全なおかし。
お母さんがこどもに安心して食べさせたいお菓子です。
クッキーやラスク、パウンドケーキなど、月替わりでいろんなお菓子があなたのもとに届きます。
こどもさんだけでなく家族みんなで、お仕事中のほっと一息に、えがおになるおやつをお召し上がりください♪

*お届け頻度は毎月1回。(毎月下旬、2021年10月~2022年3月まで全6回お届け予定。)
*1BOXにつき200円の寄付金付き。寄付金はフォスタリング事業を行うキーアセット千葉様にお届けいたします。

商品ページはこちらです
https://dabudivi.base.shop/items/53043959

この記事をシェアする