福祉とビジネスをデザインでつなぐ

社名の由来は、
アルファベットの
W(ダブ)・D(ディ)・B(ビ)を
組み合わせた造語です。

WはWelfare(福祉)、DはDesign(デザイン)、BはBusiness(ビジネス)。福祉とビジネスをデザインでつなぎたい、そんな思いを込めて名付けました。

私たちダブディビ・デザインは、デザインをする会社=デザイン屋さんです。偶然の出会いから、たまたま"福祉"というフィールドに足を踏み入れ、障害のある人の表現力や働く力の可能性を感じ、一緒にお仕事をさせていただいています。

福祉現場の皆様と、福祉との接点がない皆様をつなぐ、通訳のような役割を担っています。

福祉(Welfare)とビジネス(Business)をデザイン(Design)でつなぎます

Service ダブディビ・デザイン 3つの事業

1.商品開発 2.コンサル研修 3.イベント企画交流

ある青年が描いた絵との出会い。

彼の絵はかわいくて、楽しくて、おもしろい!
私たちは、彼の絵を原画にしたバッグやTシャツを作り、「みっくすさいだー」という活動を....

続きはこちら

Case 事例紹介

福祉の魅力を社会に発信

「かわいい!」「ステキ!」と思って手にとったものが、実は障害者アートだった。そんな風に自然に、私たちの暮らしの中に溶け込む取り組みを目指して…

続きはこちら