日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

2015/10/29 「福祉のミライ教室」でお話させていただきました

活動の様子2015/10/29



10月15日、大阪府堺市で開催された「福祉のミライ教室」でお話しさせていただきました。
これは、堺市役所障害者支援課さん、授産活動支援センターさん、NPO法人チュラキューブさんが企画されているもの。

こちらがチュラキューブ代表の中川さん。
毎月1回×6回のセミナーと最終回の商品販売イベント(1回)がセットになった7回連続の講座なのです。
授産製品の商品開発や営業、原価計算、パッケージなど、毎回異なるゲスト講師による講義を重ね、
最終回の販売イベントで実際に商品を販売してみよう!という実践型の講座です。
今回、私が担当させていただいたのが第1回目の講座で、テーマは「お客様に伝わる授産製品、伝わらない授産製品」でした。

授産製品でよく見かける残念なパッケージのお話しや、商品改良のポイント、福祉現場でできる工夫などについてお話ししました。
どんなセミナーでも結局、「なんのために作るんですか?」、「誰のための商品ですか?」、「何故、売りたいんですか?」という基本の話に行き着きます。
やっぱり基本って大事だなーと思います。
私も自分で話しながら、自分に言い聞かせています(^_^;)
日々基本を思い出しながらも、前進していきたいものですね。
この日の様子はチュラキューブさんのHP、FBにもUPしていただいています。
こちらからどうぞ・・・→

そして、この日の会場について少し書きます。
この日の会場は、堺市役所地下にあるレストラン『森のキッチン』でした。

ここは、社会福祉法人コスモスさんが運営するレストランで、障害のある方もスタッフとして働かれているそうです。
※森のキッチンHP→


可能な限り地元堺の食材を使用し、安全・安心にこだわった、美味しい食事を提供しているそうです。

カフェコーナーもあります。

レストランの片隅には授産製品の販売コーナーもあります。

こちらはクッキー。

お!!dart発見!!
dartとは、たんぽぽの家が開発する障害者アートを活用した生活雑貨のブランドのこと。
※dartレインブーツ→


お!!poRiffも発見!!
このあたりの商品は、堺の授産製品ではないけれども、見本として取り扱いしているそうです。
http://poriff.com/


おお!!これはユウの家さんの商品も並んでいます♪

そうそう、森のキッチンの隅には授乳室があります。
こういう心遣い、赤ちゃん連れにはありがたいですね(^_^)

---------------------------------------------
今回のようなセミナーや研修は勿論、
各事業所の商品相談や商品開発のご相談など、
有料ですが、ダブディビ・デザインで支援をさせていただきます。
ご興味ございましたら、ダブディビ・デザインHPよりお問い合わせメールをお願いいたします。
★こちらからお願いします→


この記事をシェアする