日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

2013/1/16 堀川御池ギャラリー

アート・デザインetc2013/01/17


先日、「堀川御池ギャラリー」に行ってきました。
このギャラリーは、京都市立芸術大学ギャラリー(@KCUA)と
京都市立銅駝美術工芸高校が使用する市民開放型ギャラリーで成り立っています。
基本的には、京都市立芸大とや銅駝美術高校の展示に使用されますが、
展示のない期間は市民も利用できるのです。
私がブランドマネージャーを務めるはあと・フレンズ・ストア(京都市)で、
3月上旬にプロジェクトの発表会でこのギャラリーをお借りします。
その下見のために訪れたのですが、
私の好きなテキスタイル作品の展示があったので、ここにご紹介します。

【LOVE LAND】
佐藤亜美×山本寿子


LOVE LANDへようこそ。
LOVE LANDは、染色専攻の佐藤と山本の二人展です。
虫や動物、人物などが登場する作品を作るのは佐藤。
自然物がモチーフでありながら、あえてシャープな表現に向く
「型染め」の技法を好んでいます。

船や数字、建物などが登場する作品を作るのは山本。
人工物が主なモチーフでありながら、あえてやわらかな表現に向く
「ろうけつ染め」の技法を好んでいます。

会場中央の島は二人が共同制作し、
LOVE LANDができあがる様子が投影されます。
どうぞお楽しみください。

(展示会場のチラシより)


(上)「船と貨物と倉庫と車と 赤」山本寿子
(下)「船と貨物と倉庫と車と 青赤」山本寿子

「植物の世界」山本寿子

(奥)「郷愁」山本寿子
(手前)「カブトムシのごちそう」佐藤亜美

(左)「かずかぞえ」山本寿子
(中央)「かばのつぐみちゃん」佐藤亜美
(右)「工場がもくもくと」山本寿子
つづれ織りの作品は、展示方法が意表をついていて面白いです。
空中に浮かんでいるみたいですね。

二人は京都市立芸大の染織専攻の3年生のようです。
学生のうちに、作品をたくさん作り、
いろいろな人に見てももらう機会をつくるのはよいことですね。
刺激になり、励みにもなりますからね♪
そして、そんな若い才能を見せてもらうと、私も刺激になります!!
私も頑張ろう!!そんな風に思った展覧会でした(^o^)
上記の展覧会は既に終了していますが、
皆さんもたまにはお近くのギャラリーにふらりと出かけてみてください。
新しい出会いがあるかもしれませんよ★

この記事をシェアする