日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

【報告】「お家にアート」トークイベント(2)を行いました

ダブディビのお知らせ2019/07/23


現在、京都の町屋宿泊施設で開催中の展覧会「お家にアート」
6月に続き、7月にもオープンデイとトークイベントを行いました。
少々時間が経ってしまいましたが、7/7のトークイベントの様子をご報告させていただきます。


2回目のトークゲストは、整理収納アドバイザー・アップデーターのはらむらようこさん。
この日のテーマは【生活の中にアートを取り入れるお話Ⅱ ~どこに、どうやって飾るの?~】


“じぶんち”こそアートは必要!
と最初から嬉しいメッセージを発信してくださったはらむらさん。
はらむらさんご自身のお家の話を例に、
なぜお家にアートが必要なのか、
お家=暮らしの空間をどう快適にすればよいのかをわかりやすくお話してくださいました。


まず、暮らしの空間を快適にする、所謂、お片付けの話の前に、
今の自分を否定せず、むしろ、今の自分が幸せだということを再確認することが大事だと教えてくださり、
“モノ”ではなく“わたし”を主語にしましょうねと、
暮らしの空間にとどまらない、人生の道標となるような素敵なお話をしてくださいました。
ここで私はもう、ググっ!!とはらむらさんの世界に引き込まれてしまいました★


お片付け(アップデート)の肝となる大切なポイントを教えていただいた後は、
たくさん参考写真を見せていただきながら、
実際にどういうことに気をつければ快適な空間を作れるのかをお話くださいました。


お家にアートを取り入れるポイントや技もいくつか教えてくださいました。
ポストカードや写真をいれるフレームの選び方や、壁に額を取り付ける際のポイント、
また、上級者にはアートに合わせて壁の色を変えることもあるのだと、高度なテクニックもお話してくださいました。


最後に、お家が快適な空間になればそこに「アート」が必要となる、とまとめてくださいました。
アートは画竜点睛!!
快適空間の仕上げに、そしてその快適空間を維持するために、アートは役立つのだと仰っていました。

このブログではご紹介しきれませんが、とにかくはらむらさんのお話は、
へーー!そっか!!
あーー、私もそこ悩んでた…でも、そうすればいいのか!!
というヒントやアドバイスが盛りだくさんでした。
そしてまたその内容は、単なる片付けに留まらず、仕事にも人生にも応用できるポイントだらけでした。
もっと詳しく知りたい方は、是非、はらむらさんの著書『「好き」から始める暮らしの片づけ』をご覧ください♪
私はすっかりこの本を“バイブル”にしておりますよ~≧▽≦

この日もたくさんのお客様にお越しいただき、大盛況のトークイベントとなりました。
ご参加いただいた皆様、お話をしていただきましたはらむらようこさん、
本当にありがとうございました!!

町屋宿泊施設「oinai guest house 樽屋町」での作品展示は2019年9月9日まで続いております。
一棟貸しのゲストハウスですので、ご家族やグループでのご利用がオススメです♪
近くには世界遺産の二条城、京都ならではの情緒を味わえる商店街「三条会」はじめ、
カフェやギャラリーなど素敵なお店もたくさんあるエリアです。
宿泊利用していただきますと、ゆっくり作品鑑賞をお楽しみいただけます。
夏休みに京都を訪れるご予定の方、行ってみたいなーとお考えの方は、是非、こちらのお宿をご検討くださいね!

◆◆展覧会情報◆◆
日程:2019年6月6日(木)~9月9日(月)
場所:oinai guest house(ogh)樽屋町

<ご注意ください!!>
本展覧会は、宿泊施設内での展示となりますため、
原則、宿泊者だけが観賞できるという贅沢な展覧会となります。
宿泊ご希望の方は、WEBサイトをご確認の上、各自お申し込みください。
https://www.oinaiguesthouse.com/ogh-taruyacho

<展示作品協力>
アトリエコーナス、アトリエとも、アトリエやっほぅ!!、アートセンター画楽、
アートセンターHANA、イエロー、和泉の里、工房ソラ、studio FLAT、相楽福祉会、
Sophie’s Gallery、なづな学園、はびきの園、やまなみ工房、ライプハウス and more

◆◆問い合わせ◆◆
展覧会関するお問い合わせは、ダブディビ・デザインまでお願いいたします。
E-mail contact@dabudivi.com

宿泊に関するお問い合わせは、oinai karasumaまでお願いいたします。
TEL 075-211-0171
E-mail welcome@oinai-karasuma.jp

 


実はこの日の前後、高熱にうなされていた私でして…
当日は解熱剤を飲み、なんとか!?イベントを終えることができました。
多大なるご協力をいただいたはらむらようこさん、ogh樽屋町の吉本様に感謝感謝でございます。
本当に本当にありがとうございました!!
※風邪の影響で体重が減って少しホッソリ見えていますが、
今はスッカリ元に戻っておりますのでご安心くださいww

この記事をシェアする