日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

2018/3/23 カペイシャス【平野喜靖 個展】

活動の様子2018/03/23


またまた2週間ぶりのブログ更新になってしまいました…(>_<)
3月は出張が多くて…なかなかPC作業が出来ずでおります。。。
(とゆー言い訳ですが…)
さて、そんなこんなでまたブログネタがたまってきました(^_^;
少し前の情報にはなりますが、
少し前を振り返ることも大切!!と言い聞かせ、
皆さんに情報提供していこうかなと思っております。

今回は、1月末~2月はじめにかけて開催されたカペイシャス展覧会 #07 についてです。
場所は、カペイシャス展覧会ではお馴染みのCaloさんです。
本屋さんであり、カフェであり、ギャラリーであるという素敵な空間です。

そして今回は平野喜靖さんの個展。
平野さんは、大阪にあるYELLOWという施設に所属されている作家さんです。
私が初めて平野さんの作品を見たのは、2012年頃です。
近畿ろうきんさんとたんぽぽの家さんとが毎年実施されているプロジェクト「ひと・アート・まち」の展覧会でした。
※その時の情報はこちら→
その頃は、YELLOWさんの存在も知らず、
「なぬなぬっっ!!すごい施設があるぞっっ!!」と興奮したのを覚えています。
ちょうどその頃の平野さんの作風はこんな感じでした。
色づかいがビビットで、模様が好きだったのをよく覚えています。

平野さんの作風はその後、どんどん進化・変化します。
これも比較的、初期だと思いますが、先程の作品とはカラーイメージが全く異なりますね。

こちらは文字の作品。

これも素敵ですねー!

アップで見ても退屈しません。
実は、高校生の頃、レタリング検定を受けている私としては、
平野さんの文字に関する執着というか、このレタリングセンスというか、
とっても共感します♪♪
私もこういう文字書くの、嫌いじゃないです。

近年は大胆な作風に変化していますね!
しかし、ここまでいろいろに描けること自体、
平野さんが本物の“アーティスト”であることの証明なのではと思ってしまいます。
これからも進化し続ける平野さんの作品、また楽しみにしています^o^
◆カペイシャスのホームページはこちら→
◆平野喜靖 個展レポート→


この記事をシェアする