日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

2017/5/26 渡邊良重展「絵をつくること」、素敵過ぎました!!

アート・デザインetc2017/05/26



先日、見に行った展覧会、素敵すぎてもう大興奮してしまいました!!
その展覧会とは、第19回亀倉雄策賞受賞記念・渡邉良重展「絵をつくること」というものでした。
ちなみに、亀倉雄策(かめくらゆうさく)さんとは、
日本のグラフィックデザイナーで、
1964年東京オリンピックのポスターやグッドデザイン賞のロゴマーク、NTTのマーク(ダイナミックループ)などなど、
著名な作品を残した偉大なデザイナーさんなのであります。
その名を冠してできたこの名誉な賞を受賞された渡辺良重さんとは、
キギとして二人組ユニットで活動されているグラフィックデザイナーさんであります。

こちらが展覧会会場メインのお部屋。
蛍光ピンクの使い方が、めっちゃオシャレです!

「AUDREY(オードリー)」という洋菓子ブランドのパッケージデザインが、
この度、この名誉な賞を受賞されました。

こんなかわいい箱のお菓子いただいたら、テンションあがっちゃいますよね(≧▽≦)
パッケージが可愛すぎて、捨てられませんね!!

今回は受賞作以外にも、渡邊良重さんの手掛けられた作品が一堂に展示されていました。
クリアのショーケースに並ぶ作品達、どれもとてもかわいい!とても素敵!!

ショーケースの一番下・・・
くまちゃん・・・

耳から飴ちゃん・・・♪♪
ポケットなんや?

こんなイラストが、あんなぬいぐるみに変身しちゃうんですねー!
そして、こんな意表をついた展示場所w(床に直置きですからねっww)
そこがまた、かわいいです!

ガラスという素材ならではのデザイン。
(左)手前に白雪姫、向こう側に魔女、
(右)手前に赤ずきんちゃん、向こう側にオオカミ、
なるほどのデザインです。

アパレルも手掛けられています。
ほぼ日とのコラボブランドだとか。

この作品は、ジュエリーとイラストのコラボでした。
確かに、ジュエリーってそんな簡単に買うもんでもないですし、
物語性とかアート性とかいう特別感って、大事ですよね◎

向こう側のテキスタイルは刺繍作品、
手前のピンクのバーの上に乗っている花瓶はKIKOF(キコフ)というブランドで、
滋賀県の信楽の陶器とのコラボレーションなんだそうです。
この展覧会にあたっての渡邊さんのお言葉も素敵です。
・・・前略・・・
時間が経ってみると自分のデザインを反省することも多いです。
どうして時間が経たないとわからないのか不思議に思いますが、
それはわたしが少し成長したから?と前向きに考えたりもします。
永い時間にも耐えられる色褪せないデザインをしたいと最近強く思います。
・・・後略・・・
素朴な文章なのですが、奇をてらわず前向きに書いてらっしゃるところが、
すごく好印象です。
時間が経っても色褪せないデザイン、私もそんなデザインを作りたいものです。
全文はこちらからどうぞ→


この記事をシェアする