日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

2018/3/10 Good Job! Award 2017@ヒカリエ のご報告です

活動の様子2018/03/10



皆さん、今のご自身の働き方についてどんな考えをお持ちですか??
年齢、生活環境、様々な事情により、「働く」ということについての考えも様々だと思います。
私自身、独身時代は少々ワーカホリック気味に働くくらいが好きでしたが、
子育てしながら働く今は、仕事と私生活のバランスをうまくとることを心掛けています。
子育てだけでなく、例えば、介護と仕事の両立、趣味と仕事とのバランス、
また体力や気力の変化に伴った仕事量など、
「働く」ことについて、もっと多様な選択肢があれば誰もにとってよいかもしれませんよね。
そんな、新しい働き方のヒントが障害のある方の働き方の中にあるのではないか、という仮説のもと、
この【Good Job! Award】は実施されています。
※Good Job! Awardについての詳細はこちら→

2月中旬、東京・渋谷のヒカリエにて行われたGood Job!展
※Good Job!展についての詳細はこちら→

全国から応募された51件のプロジェクトの中から選ばれた12件が展示発表を行いました。

【umi tote】の展示です。
ダブディビ・デザインがプロデュースさせていただいているブランドで、
神戸にある福祉事業所、NPO法人萌友(フォーユー)さんが制作、販売されています。

来場者の皆さんに、萌友のスタッフさんが説明をしています。

販売コーナーでは、umi toteの販売もしていただきました。
なんと、この展示期間中に納品したバッグが全て完売したそうです!
ありがたいことです♪

他にも素敵な商品がたくさん並んでいましたよ。
私はお菓子系をたくさん買い込んでしまいましたが、どれもとってもおいしかったです♪

そして、入選12組による最終プレゼンテーションも行われました。
萌友さんの発表を私もお手伝いしました。
最終審査の結果、残念ながらumi toteはぐグランプリ、準グランプリは逃してしまいましたが、
審査員の皆様からのアドバイスや、来場者の方々からの貴重なご意見をたくさんいただき、
とても充実した展覧会となりました。

ちなみに、グランプリ受賞はこちら【乳酸発酵OYATSU】(神奈川・東京、NAOKO × COBO × かすたねっと)さん。

準グランプリは【大学と企業の連携による就労支援】(株式会社ベネッセビジネスメイト+明星大学)さん。

審査員の山田遊さん。
山田さんには、昨年11月23日に行われた「モノづくりサロンシンポジウム」でもお世話になり、
バイヤーとしての目線で、様々なアドバイスをいただきました。

審査委員長の田村大さん。
福祉×デザイン、はもう当たり前のようになってきていて、
福祉×デザイン+αがキーになってくるのでは…とおっしゃっていました。
何で価値を高めるか、何がオリジナリティになるか、なるほどですね!

最後に、萌友の施設長とスタッフの東條さん親子で記念写真♪
日々の支援、日々のモノづくりを行いながら、このGood Job! Awardに参加され、とても大変だったと思います。
でも、前向きに行動される姿が素晴らしいと思いました。
全ては利用者さんのためとおっしゃるその姿勢に、私も一緒にがんばりたくなります!
umi toteはこれからも進化していく予定です。
今年の夏も、また皆さんに新しいumi toteを披露できるよう、突き進んでいきたいと思います^o^

★umi toteは毎日のボーダー柄をインスタグラムで発信しています。
是非、インスタグラムで@umitote_foryouをフォローしてください♪

この記事をシェアする