日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

2016/10/27 Lankaさんと施設見学の旅・番外編 ~はあと・フレンズ・ストアと交流会~

活動の様子2016/10/27


鹿児島の福祉事業所Lankaさんとまわった施設見学の旅、
最後は、はあと・フレンズ・ストア訪問と、夜の交流会です。

No.1 西淡路希望の家さん訪問の様子はこちら→

No.2 NPO法人ホッとさん訪問の様子はこちら→

No.3 3さん訪問の様子はこちら→

No.4 アトリエやっほぅ!!さん訪問の様子はこちら→


1日4件の施設見学!!という超過酷スケジュールをこなし、
Lanka様ご一行は一旦ホテルにチェックイン。
少し休憩タイムをはさんでから、はあと・フレンズ・ストアにお越しいただきました。
木下店長から簡単なご説明もさせていただきました。

はあと・フレンズ・ストアのHPはこちら→

はあと・フレンズ・ストアのFBはこちら→


アトリエともさんの商品を見て、テンションあがってらっしゃいました♪
(主に、施設長の大山さんが職員の有馬さんをいじる、という構図でしたがww(^_^;)


サリュさんのsippoシリーズを物色中の大山さん。
奥様へのお土産かな??


現在、はあと・フレンズ・ストア5周年記念でハズレ無しのひもくじをやっているので、
みなさんにくじ引きをやっていただきました。


そして夜にはみんなで交流会です♪
今回、残念ながら施設見学ができなかったスウィングさんも交流会から参加です!
(さすが、ありがたい!!)


なんと、一番遠方からは大阪・堺市から森のキッチンの増田さんが参戦してくださいました!!
(さすがっっ!!)


最後はみんなで記念撮影(^o^)
こうやって、気軽にワイワイ言い合って刺激し合えるような場を、今後も少しずつはやっていきたいなと、思ったりもしています。細々と。

今回、ご縁があり鹿児島の福祉事業所Lankaさんとこうやってつながることができました。
福祉事業所のメリットでもありデメリットでもあるのは、地域に密着していることだと聞いたことがあります。
(どこで誰に聞いたのかは忘れましたが…w)
確かに、地域に密着していることは良いことでもありますが、
地域を離れられない、地域に縛られてしまう、というデメリットもあるわけです。
しかしものは考えようです。
それぞれがその地域に密着しつつ、その仲間がこうやって横につながれば、地域の垣根を超えることもできるのではないかな・・・そんな気もします。
いつの間にか、こういう集まりでも結構“年長者”近くになってしまった私ですが、
福祉の世界も若い世代が頑張っておられます!!
若い世代で(私もその中にいれていただいて)、これからも楽しく頑張っていきたいものですね(^o^)

★おまけ★
はあと・フレンズ・ストアでは、11月よりカレンダーフェアを開催します。
いつもは京都市内の商品しか取り扱いがないのですが、
カレンダーフェアでは全国の福祉施設のカレンダーを集めています。
勿論、Lankaさんのカレンダーも店頭に並びます。


Lankaはフィンランド語で「糸」なので、パッケージは赤い糸で縫ってあります。
こだわっていますね◎

表紙はかわいいお花デザイン。

クリップがついていますので、このクリップにはさんで壁にかけたりできますよ。


他にも、たくさんのカレンダーが全国から集まりますので、是非、はあと・フレンズ・ストアまでいらしてください!
はあと・フレンズ・ストアカレンダーフェアは2016年11月1日からです!!

この記事をシェアする