日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

2016/5/12 ひょうたんカフェさん10周年記念クラフト展に行きました ~その1~

福祉系の情報2016/05/12


ゴールデンウィークも終わり数日が経ち、皆さん日常生活に戻られ、日々のバタバタが始まっておられるのではないでしょうか。
連休は遊びや旅行、リラックスタイムなど普段できないことが出来る貴重な時間ですが、
次の連休は7/16~18なので、しばらくは連休なしで踏ん張らなければいけませんーーっ(>_<)

私の今年のGWは、前半は愛知県、後半は滋賀県に行っておりました。
愛知滞在中、ちょうどタイミングよくひょうたんカフェさんの展覧会を見に行くことができました。
今日はその展示の様子をお伝えいたします♪

ひょうたんカフェ法人設立10周年記念イベント第1弾 クラフト展
4月27日(水)~5月2日(月)、ナディアパーク・デザインセンター4階の国際デザインセンター・デザインギャラリーで開催されていました。
http://hyoutan-cafe.jp/news/813/


会場の様子です。


今回の展示のテーマモチーフになっているのが「傘」。


会場にはいろんな傘が展示されています。
さをり織の生地でできた傘ですよ♪


実はこの傘、結構、重たいのです!
うちの娘がどうしても触りたくて少し持たせてもらったのですが、後ろからスタッフさんが支えてくださっています(^_^;)


ひょうたんカフェさんと言えばさをり織ですので、織機も展示されていました。


こんな感じで、いろんな織柄の説明展示がしてありました。
織り見本が額に入れて展示してあり、横にはそれを織っている方の写真と共にその説明があります。
素敵な展示方法だなーと思いました◎
中でも私が特に気に入ったものを二つご紹介します。


立体的な表情を持つケート系の織り【るり織り】
後藤留理子さんが始めた織りだそうです。
シャトルを使わず、すべて手で横糸を入れながら織るという、とても手間暇のかかる織りなんだそうです。


難しいからこそ自信が持てる【網代(あじろ)織り】
畳の目のような柄の織り。
この織りは変則的な作業もありとても難しいそうなのですが、その分、この柄が織れるようになると自信が持てるようになるそうです。
佐藤来海さんは、上手くいかずくやし涙をながすこともあったそうですが、負けず嫌いな性格で粘り強く頑張り、今では自信をもって織っているそうです。


こちらは、アート系の傘です。


かわいいキャラクターがいますねー♪(^o^)
綾小路きみまろさんみたいな絵の横に「イケメン」の文字がwww あ、きみまろさんではなく“おのくん”だそうです(^_^)


傘と織機。


「ウルトラの伝説 VS ウルトラの兄弟」だそうです。


かわいいパンダ♥

ひょうたんカフェさんには3年ほど前、ダブディビ主催の研修でお世話になったのですが、
その時からどんどん、どんどん進化されていて、今ではさをり織りだけでなく、お豆腐事業、カフェ事業など幅広く展開されています。
織りやお豆腐などのお仕事の息抜きに絵を描かれる方もいたりして、各自、自分にあったペースでそれぞれの活動ができる、とても素敵な事業所だなと思います。
ひょうたんカフェさんのHPはこちらから→

展示スペースの隣には販売スペースもあったのですが、その情報が書ききれなかったので、次回のブログで続きをご紹介させていただきますねー。
続きをお楽しみに!!

この記事をシェアする