日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

2016/3/17 ART in PARK HOTELに行ってきました

アート・デザインetc2016/03/17



先週末、パークホテル東京で行われたイベント【ART in PARK HOTEL 2016】に行ってきました。
このイベントは、これまで大阪で行われていた現代美術に特化した日本最大規模のホテル型アートフェア「ART OSAKA」のスペシャル版という位置づけで、今年から始まったものです。
アートフェアというイベント自体、あまり耳慣れない方も多いかと思いますが、簡単に言えば、アート作品を売ったり買ったりするイベントです。
そもそもアート作品は普段は「ギャラリー」という、ある種、特定の人が訪れるような場所で取引されていることが多く、
アート作品を買ったり、家に飾ったりという習慣が身近でない人も多いかと思います。
そこで、日頃そういう場所に行かない人たちにも、より身近にアートを感じてもらおう!との思いでこのイベントは企画されたそうです。
ホテルという場所で開催されているのも、より生活空間に近い形で作品を展示しよう、という意図があるそうです。

【ART in PARK HOTEL 2016】の詳細についてはこちらから→

今回のアートフェアには、国内外39のギャラリーが出展。
その中に、大阪府のプロジェクト「カペイシャス」も出展されていました。


先日のダブディビ・ブログにご本人も登場した柴田さん(ユウの家所属)の作品がベッド上の壁面にドーン!!
ベッドの上に置かれた作品は、左が有田京子さん(イエロー所属)、前田泰宏さん(西淡路希望の家所属)。


窓際に置かれているのは、前出の前田泰宏さんの作品。


こちらは橋本良平さんの作品。


手前に見えるのが、茶薗大暉さん(ライプハウス所属)の作品。


あー、こっちの茶薗さんの作品もいいですねーーー♪これ、前に見たときから大好きな作品です◎
奥に見えるのが、平野喜靖さん(イエロー所属)の作品。


左が有田京子さん、右が上田匡志さん(イエロー所属)の作品。


こちらも前出の上田匡志さんの作品。
上田さんは、彼の原画がもとになった靴下を先日購入いたしました♪
そちらはまた後日、このブログでもご紹介したいと思います(^_^)

私自身、アートフェアなるイベントに行ったのが初めての経験だったのですが、
敷居の高いギャラリーと違い、割と気軽に行ける雰囲気で、その点はこういう場所の特徴が出ているなと思いました。
若い女性やお子様連れのファミリーなんかも結構いらして、いろんな世代の人がアートに触れられる機会の一つとして、とても良いと思いました。

また、ホテルの1室ということで、割と狭い空間ではあるのですが、その限られた空間で展示されるアート作品は、ギャラリーで見るのとはまた違った風に見えて面白かったです。
ギャラリーによって展示の仕方や作家や作品の選定の仕方もいろいろで、一日でたくさんの種類のアートを見れるろいうのも良いと思いました。

私は個人的に障害者アートが大好きではありますが、他の現代アートも興味深いものがたくさんありました。
しかし、そんなハイレベルな現代アートの中に並んでも、彼らの才能はひときわ目立っている!!と個人的には感じました。
・・・かなり個人的なバイアスがかかっているかもですが(^_^;)

生活の中にアート作品があるのって、とってもいいです◎
ブランドもののお洋服やバッグを買うのもいいのですが、もし今度お金がたまったら、是非、アート作品を買ってみてください。
アート作品と言っても、お値段はピンキリなので、お手軽価格なものから始めてみてください♪
暮らし全体が華やかになったり心が落ち着いたりします。
少しずつ作品を買い足していけば、季節やシーンに応じて作品を架け替えたりもできます。
是非、皆さんにおすすめします(^o^)


パークホテル東京から見た景色。

<PS>
第14回目の「ART OSAKA」は、2016年7月2日(土)~3日(日)に、ホテルグランヴィア大阪で開催される予定だそうです。
アート作品にご興味ある方、ご興味がわいてきた方、是非、行ってみてくださいね!!

この記事をシェアする