日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

【情報】パソナハートフル「アート村作品展」

福祉系の情報2012/12/29


ブログ投稿が遅延気味で反省反省・・・な年末です。
今年のことは今年のうちに!!とゆーことで、
ブログ連投させていただきます(笑)
まずは、11月に見たパソナハートフルさんの作品展です。
展示は既に終了していますが、
とってもステキな展示だったので、ここにご紹介させていただきます。


展覧会を見に行ったのは11月21日で、御堂筋のイチョウが賑やかな時期でした。
道路沿いでスケッチをしている方もたくさんいました。


そんな御堂筋沿いにある大きくステキな建物がパソナさんの会社です。
ホテルかと見間違うようなステキなビルディングです。


そのビルの1階に待合室のようなスペースがあるのですが、
そこが今回、作品展示されていたギャラリーでした。
開放的な窓からは御堂筋が見えています。


展示されていた作品もどれも素敵でした!
私が今まで見ていた作品とは少し雰囲気が違って、
音楽や花、器など、身近なものをモチーフに描かれているのですが、
どこか大人な感じの作品が多かったです。素敵です◎
ダブディビも是非、コラボしたいなーーー、なんてまたステキな妄想しちゃいます、うふふ♪♪
しかし本当に、オフィスビルの中とは思えないほどステキな空間でした。
パソナさん、すごいです!!

※以下、㈱パソナさんのHPより抜粋。
http://www.pasonagroup.co.jp/news/company/2012/p12091401.html

株式会社パソナハートフル は、
知的障害のあるアーティスト社員が描いた絵画の大作27点を展示する
関西で初となる『アート村作品展』を、
9月21日(金) ~11月30日(金) まで、
大阪のパソナグループ統合拠点 (大阪市中央区) にて開催しました。

パソナハートフルは「才能に障害はない」をコンセプトに、
1992年に就労が困難な障害者の”アート” (芸術活動) による就労分野の拡大を目的に
「アート村」をスタートしました。
2006年からは絵を描くことを業務とする「アーティスト社員」を育成し、
現在多くのメンバーが活躍しています。
これまで、長野で開かれた障害のある方々による技能競技全国大会「アビリンピック」で
展覧会を行うなど、数多くの展覧会を開催し、
また多くの企業・団体からCSRの一環として制作依頼を受けるなど、
その作品は高い評価をいただいています。
今回の作品展は、知的障害をもったアーティスト社員12名が、
既成概念にとらわれない自由な感性で手掛けた色鮮やかな大作ばかり27点を展示いたします。

また、21日にオープンするグループ統合拠点では、
約200点もの障害者アーティストの作品を全フロアに展示し、
ご来社されるお客様や従業員がオフィス空間にいながら、
心豊かに過ごすことができる”アートビル”をコンセプトに展開してまいります。
同時に、障害者雇用率が来年4月より2.0%に引き上げられること受け、
障害者雇用に積極的に取り組みたいと考える企業に対し、
障害者の採用から定着までサポートする
障害者雇用コンサルティングサービスの提供を強化してまいります。
その第一弾として今回、障害者アーティストの作品展を関西で初めて開催することにより、
“アート”という障害者の新しい職域を知っていただくとともに、
それ以外の様々な職域において障害者の雇用創造に取り組んでまいります。
(以上)


パソナさんからの帰り、御堂筋を北上していると、
淀屋橋ODONAの前でこんなステキなマルシェが開催されていました。

これはマルシャ・ジャポン・プロジェクトの一環で、
odona×「大阪マルシェ ほんまもん」という企画のようです。
このブースでは、少し変わったお野菜がたくさん並んでいました。
ちなみにこのマルシェは1月23日(水)・30日(水)14:00〜19:00も開催されるそうです。
お近くの方は、是非、足を運んでみてください♪
http://www.odona.jp/honmamon/index.html


この記事をシェアする