日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

【情報】名和晃平とフォルチュニィ

アート・デザインetc2012/12/29


今年見た展覧会のご紹介第二弾と第三弾とを連続で(笑)
まずは、阪急うめだギャラリーの柿落とし展覧会です。


【名和晃平 展覧会 @ 阪急うめだギャラリー 】
昨年、東京都現代美術館での個展「シンセシス」でも喝采を浴びた
名和晃平さんが地元大阪にて個展を開催しました。
新作”Trans”シリーズの国内初披露に加え、
延べ40メートルに及ぶ壁面を使用した”Direction”シリーズによるインスタレーション、
来春韓国にて発表する野外彫刻”Manifold”の制作過程のドキュメント映像など、
新旧さまざまな作品をこれまでにない実験的な構成で展示します。(WEBより抜粋)
http://www.akaaka.com/events/ev-121102-nawa.html


これは、画面を斜めにして絵の具が落ちるとこを切り取った作品みたいです。
あれ??意味わかります??(笑)
絵の具を上において画面を傾けると、絵の具が流れ落ちますよね???
それです(^o^;)多分。


この作品、有名ですよね。私もこれで知ってました。
剥製の表面を様々な物質で覆っているシリーズです。
このキラキラのはよいのですが・・・

個人的にはウニョウニョのとかは、ちょっと気持ち悪くなりました。。。
個人差だと思いますが・・・
まあ、なんせ今話題のアーティストですから、見ておいたほうがよいですよね。
(って、もう終わってますけどw)
こういう情報にもアンテナはってないとダメですね!
※この展覧会は撮影OKでした。ちゃんと確認しましたのでー。


【巨匠(マエストロ)フォルチュニィの夢 2012絹(シルク)見聞録】
そしてこちらは神戸ファッション美術館で開催中の展覧会です。
神戸F美はダブディビ・デザインもミュージアムショップでお世話になっております。
マリアノ・フォルチュニィさんは、
画家、写真家、彫刻家、舞台美術デザイナーとして多方面で活躍したアーティストですが、
中でも今回ピックアップされているのが、
絹サテンにプリーツをほどこしたドレス「デルフォス」です。
彼はこの作品において、特許などをとっているのですが、
その作り方が画期的だったようです。
アーティストでもあり、発明家でもあるようなおもしろい作品です。
作品展示数は決して多くはありませんので、短時間で見れる展覧会です。
なので、美術館3階のギャラリー、ミュージアムショップと合わせて、
ご利用されるとよいと思いますーー♪♪

2012年10月18日(木)~2013年1月8日(火)
開館時間:10:00 – 18:00(入館は17:30まで)
休館日:水曜日、年末年始12/29-1/3

入館料:(特別展示・ベーシック展示あわせて)
《一般》500円 《小中高65歳以上》250円
http://www.fashionmuseum.or.jp/museum/special.html

★ちなみに・・・全然関係ありませんが、
F美では短期雇用スタッフを募集しているみたいですよ。
ご興味ある方はHPを→


この記事をシェアする