日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

お菓子の定期便 【えがおのおやつ】 ときわぎ工舎さんにお邪魔しました

ダブディビONLINE STOREダブディビのお知らせ2022/09/20

全国の福祉事業所で作られるおいしいお菓子が毎月届く、お菓子の定期便サービス「えがおのおやつ」。
今月末お届け予定のお菓子を作ってくださる、千葉県のときわぎ工舎さんに先日お邪魔してきました。


ときわぎ工舎さんの母体である社会福祉法人九十九会さんとは、
これまでも、まあるい広場さんとの取り組みでお繋がりがありました。
まあるい広場さんからも、「是非、ときわぎ工舎のクッキーも美味しいので食べてください!」とオススメしていただいており、
この度、えがおのおやつで取り扱いさせていただくことになりました。


ときわぎ工舎さんの食品作業場は、とっても広く、皆さん落ち着いて作業が出来そうな空間です。
天井も高く、ログハウスのような木の温もりを感じる建物で、食品加工の場所としては珍しい造りだなと思いました。


ときわぎ工舎さんのクッキーで、最も注目したのは小麦粉!!
地元地域の睦沢町で収穫した国産小麦を、利用者さんたちが丁寧に手で選別をし、
オリジナル小麦粉を作っておられるのです。
私も、これまでたくさんの福祉事業所さんのクッキーを食べてきましたが、
小麦粉を自分たちで作っている事業所さんは、初めて知りました!!


このように、一粒一粒、手で小麦を選別します。
気が遠くなるような、根気のいる作業です。


こんな感じの黒い粒を取り除くのだそうです。
この作業を丁寧に行うことで、美味しい小麦粉が出来上がるのだそうです。


この手作業による選別は、何度か繰り返し行うことで、選別の精度を高めます。
左から順番に、「これから選別」→「終わった小麦」→「はなまる」と保管されています。


最終的には、職員さんのチェックもあるそうで、本当に気が遠くなるような作業ですね。


丁寧に選別した小麦を製粉すると、きれいな美味しい小麦粉が完成です♪


ときわぎ工舎さんでは、パンもたくさん焼いておられます。
勿論、これらのパンもオリジナルの小麦粉をつかっています。
私もいくつか購入して帰りましたが、小麦本来の甘みや香りを堪能できるパンで、めちゃくちゃ美味しかったです^o^


ときわぎ工舎さんのお店の様子です。素敵なお店です♪


<わたしたちのこだわり>
●ときわぎ工舎では、地元むつざわ産のこむぎを自家製粉・手ぶるいで作っています。
●パンは、自家製こむぎ粉と北海道産のものをブレンドしています。
 こむぎの香りがする、シンプルで優しい味です。
 地元の子どもたちの給食でも使って頂いています。
●クッキーは、地元産の自家製粉こむぎ粉を100%使っています。
●その他、平飼いたまごなど、材料にこだわり、シンプルでピュアな商品をつくっています。

この看板を見ていただいてもわかるように、本当に素材にとことんこだわったクッキー&パンなのです!!
そんなクッキーを全国の皆さんに食べていただける、またとない機会です!!
お菓子の定期便・えがおのおやつの9月末お届け、皆様楽しみにお待ちくださいね♪


ときわぎ工舎さんの建物内部に飾られている壁画が、すごくかわいくて思わずパチリ!
どこかの国のおとぎ話の挿絵のようですね♪

 

「すべてのこどもにえがおを」

全国の福祉事業所で作られるおいしいお菓子が毎月届く、お菓子の定期便サービス「えがおのおやつ」です。
「えがおのおやつ」でお届けするお菓子は、素材にこだわり、丁寧に心を込めて手作りした安心安全なおかし。
お母さんがこどもに安心して食べさせたいお菓子です。
クッキーやラスク、パウンドケーキなど、月替わりでいろんなお菓子があなたのもとに届きます。
こどもさんだけでなく、家族みんなでお召し上がりください♪

*お届け頻度は毎月1回。(毎月下旬、2022年4月~2022年9月まで全6回お届け予定。)
*1BOXにつき200円の寄付金付き。寄付金はフォスタリング事業を行うキーアセット千葉様にお届けいたします。

お菓子の定期便「えがおのおやつ」Vol.2のご購入はこちらから!
https://dabudivi.base.shop/items/60474363

この記事をシェアする