日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

【ご報告】ART BRUT ハンカチーフ原画展

ダブディビのお知らせ2018/11/08


あっという間に11月に入りました。
ハロウィンが終わると、もうクリスマスの飾りになっているお店もあり、
今年のカウントダウンが始まったなー…と少々気持ちが焦らされますね(^_^;
さてご報告が遅くなりましたが、
先月行われた【ART BRUT ハンカチーフ】原画展の様子をお伝えいたします。

人形町にある名花館で行われたのが≪名花ハンカチーフ展・アート×ハンカチーフ≫です。
展示は大きく分けて3つのゾーンに分かれており、
その一つで、ART BRUT ハンカチーフの原画展が行われました。

商品になったハンカチと、その横に原画作品が並べて展示されました。
2018年秋冬の新作5柄と、春夏15柄の全20柄が一同に展示されました。

柄によっては、いくつかの原画を組み合わせて一つのハンカチにデザインしたものもあり、
原画と比較してそれぞれ楽しんでご覧いただけるように展示されていました。

原画から色味を変更したもの、モチーフのレイアウトを変更したもの、
それぞれ商品化の際にハンカチに見合うようにデザインされていることが伝わったかなと思います。
※実はこのデザイン作業がミソなのです!

また、この写真の一番下に展示されている山出高平さんの「夏の貼り絵」は、
小さな色紙が細かく貼りつけられている作品です。
間近でご覧いただくとわかるのですが、原画は微妙な凹凸感があり、手作業の工程が垣間見れます。
これは、原画をみていただかねば伝わらない魅力の一つです。

また、障害者アートは身近な画材で描かれることが多いのですが、
鉛筆画や水彩画、細やかな色合いやタッチをじっくりご覧いただけたのではないかと思います。

会場の一角には販売コーナーも設けられておりました。

その他のゾーンも少しだけご紹介♪
こちらは「ブルーミングオールドコレクション」と題されたエリア。
ブルーミングさんが所有されているハンカチーフコレクションの中から、
アートに関する貴重なハンカチが展示されていました。
こちらは、なんと洋画家・東郷青児さんの絵がハンカチになったもの!!
過去に商品化されたものらしいですが、少しレトロな色合いやサイズ感、素敵ですね~♪

こちらは「ルージュチーフ」というシリーズで、
女性が口元をハンカチで拭った際、赤い口紅がついてしまっても目立たないように、とデザインされたそうです。
なるほどですね~、女性ならではの目の付け所です!
他にも、「世界で1枚のハンカチーフを作ろう!コンテスト」で全国から応募があった
100点の入選作品も展示されていました。
単なる四角い布であるハンカチではありますが、
デザインによって色々なバリエーションが広がる面白いアイテムです。
【ART BRUT ハンカチーフ】は、引き続き、ブルーミング中西WEB SHOPにて販売中です♪♪
クリスマス会や忘年会のプレゼント交換にももってこい!のアイテムですよ☆
是非是非、以下よりご欄になってくださいませ^o^
★ハンカチーフギャラリー(WEB SHOP)
★アーティストのプロフィール紹介など是非、読んでくださいね♪♪
【ART BRUT ハンカチーフ】


この記事をシェアする