事例紹介 Case

障害者アートの魅力や福祉の
モノづくりを社会に発信

NPO法人 萌友様 神戸を感じさせる風呂敷の制作

2018/10/05


<商品紹介>

「FOR YOU FUROSHIKI」
サイズ 70cm×70cm、90cm×90cm、素材 ポリエステル100%

この風呂敷は、神戸市にある福祉事業所・NPO法人 萌友様よりご依頼を受け、ダブディビ・デザインがデザインと生産管理をさせていただきました。
ご依頼内容は、神戸市内の商店店主様が年末に顧客にお送りするお品物を包む風呂敷として、神戸らしさを感じさせる風呂敷を作りたい、とのことでした。

 

まず、萌友の利用者さんに、神戸をテーマに絵を描いていただきました。神戸を連想させるイカリマークや神戸ポートタワー、震災復興の象徴であり観光イベントとして有名な神戸ルミナリエなどをテーマにしていただきました。

 

普段は刺子刺繍をされている利用者さん。絵を描くことは嫌いではないのですが、なかなか自信がもてませんでした。大きな画用紙に描く前に練習描きをしてみたり、時には、実際に海辺にスケッチに出かけてみたりして、制作に励みました。これも大切なお仕事の一つですからね。

 

萌友さんからいただいた絵を原画に、ダブディビ・デザインで2つのデザインを制作しました。
一つ目のデザインは、神戸ルミナリエをモチーフにしたデザイン。1色+白でシンプルに仕上げるイメージのものと、グラデーションで光を表現したマルチカラーのものを提案しました。このマルチカラーのグラデーション部分は、海をイメージして描かれた原画を使用しています。

 

二つ目のデザインは、神戸ポートタワーをモチーフにしたデザイン。原画に描かれた神戸の山並みや海辺のビルを背景に、神戸タワーを大きく配置しました。海をイメージしたブルー系、少しレトロさを感じるイエロー系、1色でシンプルに仕上げる場合のイメージなど、カラーバリエーションもいくつか検討しました。

 

最終的に完成したデザインは、より幅広い年齢層の方にご使用いただけるよう、海の青よりも深いネイビーブルーに決まりました。鮮やかなブルーよりも落ち着きが出ました。
また、風呂敷に沿えるカードもデザインさせていただきました。このカードには、デザインの説明と萌友さんの事業所紹介、ショップ情報を掲載しました。

 

一時は、絵が上手く描けないと心配をされていた利用者さんと職員さん。しかし私達デザイナーは、上手な絵を求めているのではなく、心のこもった絵を求めています。障害のある方の絵と言っても、アート活動に慣れているかどうかや、画材、テクニック、テイストなど含め、様々なレベルの作品が存在します。私達デザイナーはその作品の良し悪しをジャッジするのではなく、その作品の魅力は何かを探り、その魅力を引き立てるデザインができるかどうかを考えています。今回のデザインでは、原画のダイナミックな筆の運びと大胆な構図をエッセンスとしてデザインに反映させました。
また、この風呂敷は当初、神戸の商店店主様の年末のご挨拶用に企画されましたが、その後、萌友さんのオリジナル商品として増産を繰り返し、末永く販売されています。皆さんに愛される商品が出来上がり、私達もとても喜んでいます。

※本事業は、2013年度に実施いたしました。

この記事をシェアする

その他事例を見る