日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

吹田の「はぴすま」に行ってきました

福祉系の情報2015/09/25



先日、大阪での仕事の帰りに、吹田駅近くにあるお店「はぴすま」さんに行ってきました。
実は以前にも一度行ったことがあったのですが、つい最近リニューアルオープンされたとのことで、再訪したのでした。

お店の正面の印象も随分かわりましたが、店内はもっとガラリとリニューアルしています。
なんと、お店を入るとすぐのスペースはイートインスペース!
物販のお店では珍しいレイアウトですよね。
壁には絵本なんかも飾ってあってかわいい印象です♪

子供用のイスもあって、子連れウェルカムな感じです◎

お店の奥のスペースには絵本コーナーがあります。
なんとそこでは、何気なく、さらりと、「障害ってなに?」ということを学べる絵本が並んでいるそうです。
小さい頃から身近なこととして障害のことを知るのは、よいことですね。

こちらは、吹田市以外からセレクトした商品のコーナー。

岡山のふぁみりおさんのデニム雑貨のヘアピンやブローチ。
私もブローチ、持っています~♪

お!京都の成望館さんの干菓子グッズ。
こちらは、以前、はあと・フレンズ・ストアでも取り扱いをさせていただいていました。
(すみません、残念ながら現在は、はあと・フレンズ・ストアではお取り扱いはございません・・・)

こちらの壁面を飾っているのは吹田の花音工房さんのさをり織商品。
完成度が高いです!

こちらはお菓子コーナー♪

良い意味で、ちょっと昔懐かしいようなデザインのパッケージが多いです(^_^;)
授産製品のお菓子って、手作りで安心安全なものが多いので、こういうパッケージとは親和性が高いですね◎

このパッケージも、昔ながらの素朴な感じ、でてますよね~。
(ちょっと最後のシールが残念ですが・・・)


今回のリニューアルでは、「パンと雑貨のお店」というキャッチフレーズをつけお店を構成しなおしたこと、
絵本・子供・居場所をキーワードにお店とお客様の関係を構成しなおしたことがポイントだったのだと思います。
ロゴもそんな優しいイメージを表していますよね(^o^)

はぴすまさんは、NPO法人すいたの輪が吹田市より委託を受け「吹田市障がい者授産工賃向上支援事業」として行っている事業だそうです。
リニューアル前は、正直、普通の授産製品ショップだったのですが(良くない意味でダサい感じ・・・)、今回のリニューアルで、随分、明るくかわいくバージョンアップされました。
その秘訣は、外部の支援を活用したこと!のようです。
偶然にもその支援をされたのが、私の大学院時代の先輩、中川さんなのです!(→★NPO法人チュラキューブさん http://chura-cube.com/

内部の人や関係者だけでは行き詰ってしまうことって多いと思うんです。そこを、客観的な視点で攻め込んでくれるのが外部支援のよいところ。
そんな風に感じたのでした。


☆おまけ☆
このふきん、ご存知ですか??
きょうされんのふきんなのですが、これ、めっちゃ品質がいいんです!!!
私は以前、神戸のある事業所さんで買って使ってみたのですが、吸湿性もいいし、肌触りもいいし、めっちゃ使いやすくて重宝していました。
どこに売ってるのかなーなんて思って探してたのですが、はぴすまさんで出会えました♪
100円均一のふきんよりお値段は高いですが、その価値ありです!!
皆さんもどこかで見かけたら、だまされたと思って買ってみてくださいね(^o^)

この記事をシェアする