日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

2016/5/27 ひょうたんカフェさん10周年記念クラフト展に行きました ~その3~

福祉系の情報2016/05/27


少しブログ更新の時間があいてしまいましたが・・・
名古屋のひょうたんカフェさんのお話、実はまだ続きがあるのです。

ひょうたんカフェさんクラフト展の様子は先日のブログでどうぞ。
その1→

その2→

先日のブログでもご紹介した通り、ひょうたんカフェさんは10周年を記念した展覧会を名古屋の国際デザインセンター・デザインギャラリーで開催されていました。
私はたまたま名古屋にいる日程が重なったので展覧会を見に行ったのですが、
スタッフのIさんに「あっちにも商品並んでいるから、見ていってね~♪」と教えていただきました。
ん??あっち??何かな??と思いお話を聞いたところ、実は同じフロア内にある「creators shop Loop」というお店でひょうたんカフェさんの商品が並んでいるとのこと!
ナニナニ、それは見に行かなくては♪ということで、「creators shop Loop」の様子をご紹介いたします。


そもそも、「creators shop Loop」って何??ということなのですが・・・

◆クリエイターズショップ・ループとは
創業支援スペース「クリエイターズショップ・ループ」は、デザイン・ファッション・工芸など、クリエイティブ産業分野において意欲的な提案を試みる若手クリエイターに名古屋市が場を提供し、クリエイターとユーザーを橋渡しする輪のつながりを意味する”Loop”の名のもとに、名古屋の地で創業を志すクリエイターの商品販売を行い活動をバックアップするショップです。 出品者は公募により1年に1度選ばれ、11ヶ月を1期間として賃料無料で商品を販売し、広報等の支援を受けることができます。

なるほど!!
行政が支援する若手クリエイターのためのお店なんですね!!
こういう取り組み、各地域でもありますよね。
何を隠そう(って隠してませんがw)、ダブディビの前身である「みっくすさいだー」も、神戸市がやっているクリエイター支援プログラムで見出していただきました。
世の中にでるきっかけをいただけるこういう取り組みは、駆け出しのクリエイターにとってはとてもありがたいものです。
この「クリエイターズショップ・ループ」という取り組みも、まさにそんな取り組みのようです。

そして、この事業の応募資格は
クリエイターデザイン、ファッション、工芸などのクリエイティブ産業分野で活動を行う方で、出店時点で45歳未満の方(法人の場合、事業の代表者が45歳未満)が対象、
というだけで、特に福祉や障害者アートに限定している公募でもなければ、福祉枠があるわけでもないのです。
厳正なる審査を通り、一般のクリエイターさんや企業さんと肩を並べてひょうたんカフェさんの商品はこのお店に並んでいるわけですから、素晴らしいことですよね!!

と前置きはこのくらいにして、ディスプレイの様子をご紹介します。


こちらにも傘のディスプレイがありました。
什器もシンプルできれいですね、商品が引き立ちます♪


大小様々な大きさのポーチ。


小さめポーチ、葉っぱ型のポーチ、キーホルダーやコースターもあります。


こちらはブローチ。洋服につけても、BAGなんかにつけてもいいですね◎

福祉系のバザーやイベントは関係者の来場者が多く、そこからの広がりがあまり期待できないのですが、
このような異業種の方が出会う取り組み、そして一般のお客様が来てくださる素敵なお店があると、そこからどんどん広がりつながる可能性がありますよね!
ひょうたんカフェのIさんも、既に「ループの他のクリエイターさんといろんな話をしているんですー!」と仰っていました。

モノづくりをしている福祉事業所さんは、是非、福祉以外の分野にも視野を広げられるといいかもしれませんね♪
各地域でクリエイター支援などのプログラムがないか、ご確認されるとよいかもです(^o^)

クリエイターズショップ・ループのHPはこちらから→

ひょうたんカフェさんのHPはこちらから→



この記事をシェアする