日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

【アート情報】あいちトリエンナーレに行ってきました★その3

アート・デザインetc2013/09/24


あいちトリエンナーレの続きです。
その1のブログ→

その2のブログ→

今日は、私が個人的に好きだった作品をご紹介いたします♪


青野文昭さんの作品です。
海岸の漂流物やさまざまな場所で壊れたモノ、所謂、ガラクタっぽいものを拾い集め、
「なおす」と称し、それを補修し、新たな作品に昇華させています。
これはタンスとトラックが融合しています。
これ、トラックの絵なのではなく、ちゃんとトラックそのものですからね。

これは彼の作品の中では習作的なものかもしれません。
なんかよくわからん板的なもの。その一部が欠けていたのだと思いますが(左上)、彼の「なおす」手法で上手に補修!!!
なんだねコレ!!!サイコウやんか!!!(笑)
もはや意味のないことをやってるかのように見えるアート、すごいです。

これはもう、もはや補修されている部分が作品の大半!!!(笑)
リアルなノート部分は右側の2割程度です。なおすもここまでくると凄いです!!


彦坂尚嘉さんの作品。
被災者の和歌を集めた『3.11万葉集・復活の塔』をモチーフにした作品。


ダン・ペルジョウスキさんの作品。
11階の回廊部分のガラスに落書きしてあるのが彼の作品なのですが、これは癒されたり、クスって笑えたり、するどい社会へのメッセージだったりする作品です。
ちなみにこれは「PHONE PERSPECTIVE」って書いてありますw

これはちょっと見えにくいかもしれませんが、
左には「I HAVE TO DO」と書いてあり、
右には「I LIKE TO DO」と書いてあります(^o^)
つめつめじゃなくてね、右くらいのゆとりがいいよね♪

これも写真では見えにくいですね・・私の絵で申し訳ないですが解説イラストつけてみます(笑)↓

だよねーーーー、恋は盲目だよねーーーー!!(笑)

あいちトリエンナーレはいくつかの会場に分かれていますが、
多分、作品数とアクセスの良さで行くとメインは愛知芸術文化センターかと思います。
おもしろい作品がたくさんあったので、時間なくてどの会場に行こうか迷ってらっしゃる方は、ぜひ、愛知芸術文化センターがいいと思います!!
以上、あいちトリエンナーレ情報でしたー。

★あいちトリエンナーレ 2013/8/10-10/27 http://aichitriennale.jp/index.html

==================================
 開催が迫ってきました!お申し込み受け付け中!!急いでくださーーい♪
==================================

【参加者募集】
ダブディビ・デザイン × はあと・フレンズ・ストアセミナー vol.2
職人を育てる福祉施設のものづくり
 →詳細はこちら※

【日時】2013年10月11日(金)14:00~16:45
【場所】こどもみらい館 4階 第1研修室
【参加費】2,000円(当日、受付にてお支払頂きます)
【対象】福祉事業所職員/障がいのある方をサポートしている方など
【定員】50名(定員になり次第、締め切ります)

◆申込方法
次の申込事項を添え、FAXかEメールでお申込みください。
1.申込代表者お名前(ふりがな)
2.ご所属(事業所名など)
3.ご住所(勤務先/ご自宅どちらでも可)
4.電話、FAX、メールアドレス
5.参加希望人数
 
【お申込み先】はあと・フレンズ・ストア
FAX番号:075-221-8118
Eメール:heart-friends@cap.ocn.ne.jp

この記事をシェアする