日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

福祉系モノづくりに関するお悩み募集!

ダブディビのお知らせ2021/03/01


皆さんは「clubhouse」(クラブハウス)、もうお試しになりましたか??
1月下旬から日本でも急速にフォロワーが増えている新しいSNSツールです。
ダブディビ・デザインでも早速このツールを活用した取り組みをはじめています!
「クラブハウスって何??」
「聞いたことはあるけど、よくわからなくて…」という方は、
是非、前回のブログをお読みいただければと思います。

★前回のブログはこちら→https://dabudivi.com/blog/2616/


ダブディビ・デザインでは、毎週土曜日の朝10時からclubhouseのroomを開いています。
タイトルは
【ダブディビ・デザイン相談会】
障害者アートや授産製品のアドバイスします!初心者歓迎・福祉系モノづくり好き集合

●福祉系モノづくりでよくあるお悩み
私がclubhouseを始めたきっかけは前回のブログにも書きましたが、
福祉施設職員さんが抱えておられる、モノづくりに関するお悩みを解決するお手伝いをしたい!という思いです。
長く授産製品の商品開発支援や障害者アートの商品開発に関わってきた経験から、
福祉施設でのモノづくりや商品開発にまつわるお悩みは、どこも似たような悩みを抱えていることが多いです。
よく耳にする代表的なお悩みは、
「パッケージをどうにかしたい…(でも、どうしていいかわからない…)」
「新商品を作りたい…(でも、何から手をつけてよいのかわからない…)」
「販路を広げたい…(でも、どこで売ってもらえるのかわからない…)」など。

●その悩みは一体誰のものか??
これらのお悩みを抱えている方の多くが、
「自分たちではどうにでも出来ないから、誰か助けてほしい。」と思っておられる風潮があります。
勿論、私はデザインの専門家として、また福祉とデザイン・福祉とビジネスをつなぐ専門家として、
これらのお悩みに応えるのが仕事ではあるのですが、
どんなお悩みでも、その問題を他人事のように思っているようでは本当の課題解決はできないぞ!と思うのです。
いつか誰かが解決してくれたらいいな…、そんなことで本当に良いのでしょうか??

●まずはそのお悩みを「コトバ」にしてみましょう!
前回のclubhouseでもある方がお話ししてくださりましたが、
悩みも想いも、言語化することではじめて自分の頭の中が整理できるし、仲間と共有することができます。
皆さんもプライベートなちょっとした悩みなど、友達に話すことで気持ちがスッキリした経験はありませんか?
それもまさに言語化による効果ですよね。
そう!悩み想いも「コトバ」にしないとダメなのです!是非、言語化してみましょう。

●お悩み募集します!!
そんな訳で、clubhouseの相談会でテーマにする、福祉系モノづくりに関するお悩みを募集したいと思います。
勿論、clubhouseのお話し中に発言していただいても問題ないのですが(それも是非お待ちしています♪)、
まだclubhouseの参加者が少ないことや、公の場で発言するのは勇気がいるな…という方も多いかと思います。
ラジオの人生相談コーナーのように、事前にメールやSNSなどで皆さんのお悩みを集め、clubhouseでお答えしようと思います。
具体的な商品開発やモノづくりに関することでもよいですし、
モヤモヤとしている抽象的なお悩みでも大丈夫です。
不安な気持ちを言語化するだけでもOKですよ!
勿論、実名でなく匿名希望やペンネームでも大丈夫です◎プライバシーは厳守いたします。

<福祉系モノづくりに関するお悩み募集>
募集内容:授産製品の商品開発や障害者アートの商品開発など、福祉系モノづくりに関するお悩みであればどんな内容でもOKです。
応募方法:①~③の必要事項を記入の上、下記応募先からメールまたはダイレクトメッセージを送ってください。。
     ①お悩みの内容(出来れば具体的に)※一つのメールに複数のお悩みを書いていただいても結構です!
     ②お名前(匿名希望やペンネームでも可)
     ③メールアドレス
応募先:ダブディビ・デザインのメールフォームはこちら→https://dabudivi.com/contact/
ダブディビ・デザインのFacebookはこちら→https://www.facebook.com/dabudivi
ダブディビ・デザインのインスタグラムはこちら→https://www.instagram.com/dabudivi/

※応募締め切りはとくにありません。
※いつのclubhouseでそのお悩みを取り上げるかはお答えできかねますが、可能な範囲で情報はお伝えするように心がけます。
 (後日、メールでご報告する場合もあります。)

●ゲストアドバイザーも来るよ!?
お悩み解決は、この道10年以上の経験を持つダブディビ・デザインがお答えするのが基本ですが、
私だけでは心もとないのでw、ゲストアドバイザーにも随時登場していただこうと考えています。
現在のところ、準レギュラーで登場してくださっているのはプリズムデザインラボの畠健太郎さん♪
畠さんは、デザインを専門にしながら、福祉作業所やNPOを支援する活動を長くされている方です。
大学等での講師経験も長く、お話がとてもわかりやすいと好評です。
オリジナルのデザイン教材もオンラインで配布されていたりと(そしてこれがまた面白いのです!)、
きっと皆さんのお悩み解決に役立つ情報をくださると思います^o^

※畠さんのtwitterアカウン→@hataPRISMDLABO
※畠さんのFacebook→https://www.facebook.com/prismkh

その他、素晴らしいゲストアドバイザーを交渉中ですので、
随時、ダブディビ・デザインのインスタなどチェックしておいてください!

●まずはclubhouseやってみよう♪
兎にも角にも、まずは是非、clubhouseやってみましょう^o^
コロナ禍で大変なこともありますが、遠くにいる方とも簡単につながれるツールが広がったのは良いことだと思っています。
気軽に話せる場で同じ悩みを持つ方々と横の繋がりを作り、情報共有や情報交換もしましょう。
また、いろんな施設さんの素敵な商品情報も持ち寄ってください♪

※clubhouseは招待制のSNSです。
clubhouseやってみたいけどまだ招待されていないと言う方、こちらに招待枠がありますので直接ご連絡ください。
招待には個人の電話番号が必要になりますので、今回の招待については既にお繋がりのある方や面識のある方に限らせていただきますことをご了承ください。
※現在はiPhoneにのみ対応です。iPadでも出来るそうなので、iPhoneか iPadかどちらかをご自身で操作できる方に限ります。(アンドロイド端末ではご利用になれません。)
※尚、当日の内容は参加者に合わせ、臨機応変に変更する可能性があります。

≪clubhouseへの入り方★オススメプラン★≫
clubhouseは無料でダウンロードできるアプリですが「招待」がないと登録(ログイン)出来ません。
招待は携帯電話番号を介したショートメールで行われるため、個人情報のやり取りが必要になります。
従いまして、個人的にお繋がりのある方(知人・友人・職場の同僚など)から招待をしてもらうのが一番良いと思います。
ネットオークションなどにclubhouse招待枠というのが販売されていたりもするそうですが、
個人情報の観点から考え、あまりオススメできません。
また、現時点ではアンドロイド端末には対応していませんので、アンドロイドユーザーは登録できないそうです。
(iPhoneユーザーのみ利用可、ということです。iPadユーザーでも大丈夫だそうです。)
そして、こちらも現時点ではですが、アプリの画面は全て「英語表記」となっています。
ネット上には初期登録の仕方や基本操作の仕方などを日本語で解説しているページがたくさんありますので、
是非それらも参考にされると良いと思います。

<PS・ちょっとした笑い話>
「Clubhouse」(クラブハウス)と似て非なるアプリに、
「Crubhouse」(クラブハウス)というものがあるそうですw
家の中にカニが集まり、ときどきしゃべるだけという、まさに「Crab」(カニ)の「House」(家)だそうです。
こちらのCrubhouseではありませんのでご注意くださいww
(本当に間違ってダウンロードされた方がおられます。そこまで悪さはしないアプリのようですがご注意を^_^;)

この記事をシェアする