日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

【告知】umi tote、オンラインショップで期間限定販売です!

ダブディビONLINE STOREダブディビのお知らせ2020/07/17

今年は新型コロナウィルス感染拡大の影響があり、様々なイベントが中止になっています。
umi toteも毎年、春から秋にかけて展示会やイベントを行ってきましたが、
今年はそれも難しそうです…。
そんな中でも何か出来ることはないか…!?ということで、
ダブディビ・デザインのWEBショップで期間限定販売をさせていただくことになりました♪♪


今回は、厳選した20個のトートバッグをご用意しました!!
どれも世界に一つのボーダー柄です。

※既に完売している柄もありますので、詳細はWEBショップをご確認くださいね。

■umi toteのご購入はこちらからどうぞ。
https://dabudivi.base.shop/


<umi tote(ウミトート)とは>
萌友のすぐ近くには須磨の海があります。
通勤通学で海のすぐそばを歩いたり、お散歩で海辺を歩いたり、
海は私たちの暮らしの中にあります。
そんな海のそばでの日々の暮らしの空気感を商品に込められないか、
私たちはそう考え「umi tote」を作りました。
一日一枚、須磨の海をイメージしてボーダーを描いています。
海は毎日そこにありますが、毎日同じようで毎日違います。
umi toteのボーダーも、一枚一枚、同じようで違います。
日々の暮らしで感じた須磨の海をかばんにして持ち運ぶ、
そんなバッグが萌友の「umi tote」です。


umi toteは、二人のアーティストが海のボーダー柄を描いています。
左は“そがちゃん”こと曽我ひろみさん。
そがちゃんは、静かにゆっくりゆっくマイペースに筆を動かします。
右は、“はるちゃん”こと大野遼さん。
はるちゃんは、色を決めると集中して一気に描きます。
画面の同じ所を往復しながら描くので色がにじみ、それが特徴となっています。
そがちゃんは右利きで、はるちゃんは左利きなので、
筆の始点と終点が互いに逆になり、それぞれの味になっています。


今回のumi toteは「ver.2」と名付けているタイプで、昨年も販売していたトートバッグです。
少し小ぶりではありますが、A4サイズがすっぽり入る使いやすいサイスです。


持ち手は綿素材の布テープです。
内側には手書きのオリジナル布ラベルが縫い込んであります。
シリアルナンバーと作者がわかります。
この布ラベルも手作りで作ったものなのですが、裏にうっすらと柄が見えるのがおわかりでしょうか??
実はこのラベルに使っている布、萌友さんの刺し子柄が印刷された手ぬぐいの端材なのです。
袋物などを作るために裁断した余り布でした。
萌友のスタッフさんたちは、日頃から、糸も布も少しも無駄にすることなくアップサイクルしておられるのですが、
余った布が、こうして布ラベルに生まれ変わることもあるんですよ!


ボーダー柄は表面のみで、裏側は帆布の無地です。
底はマチがあるので安心です◎

ちなみに、どのくらい荷物が入るか検証してみました。


こちらは、休日にお気に入りのカフェで読書をするイメージでセッティング。
2冊の雑誌、ニットのショール(冷房対策)、ハンドタオル、ハンカチ、ティッシュ、
帽子、サングラス、550mlペットボトル、お財布、が入りました♪


こちらは、クライアント先に資料を説明しにいくお仕事シーンをイメージしてセッティング。
ノートPC(14インチ)、A4クリアファイル、A5スケジュール帳、ペンケース、が入りました。
この内容量だとまだ入る余力がありますね。


そしてこちらは、男性の休日をイメージしてみました。
男性は荷物が少なめかと思います。
帽子、カードケース、ティッシュ、ミニタオルハンカチ、
サングラス、長財布、折りたたみ傘、が入りました。
勿論まだまだ入りますので、コンビニに寄ってもビニール袋は買わなくて済みそうですね。

そう言えば、7月からレジ袋が有料化になっています。
このトートバッグはこぶりなのでガッツリのお買い物には向きませんが、
マチがあるので、急なお買い物で少し荷物が増えた、なんてくらいなら対応できそうです。
今後は大きめサイズのバッグも企画していますので、
ビッグサイズが必要な方は、それもまた楽しみにお待ちくださいね^_^;

そして、実はこのトートバッグ以外にも新作アイテムを準備しています!!!
なんと、umi toteのTシャツを発表予定です♪♪
Tシャツが完成しましたらダブディビ・デザインのWEBショップで販売予定ですので、
お楽しみにお待ちくださいね^o^


現在は、新作への商品開発中のため更新を中止していますが、
これまでのumi toteの様子はインスタグラムでご覧いただけます。
インスタグラムアカウント @umitote_foryou
#ボーダー柄 #1日1枚 #神戸の海と手仕事と

この記事をシェアする