日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

2018/2/16 共生の芸術祭~Hello World~のご報告・前篇

活動の様子2018/02/16



今月上旬、京都で行われた【共生の芸術祭~Hello World~】
3つの会場で行われたこの展覧会の一つ、Exhibition1【Hello World】に、
ダブディビ・デザインも参加させていただいておりました。

会場は、イオンモール京都桂川「竹の広場」。
ショッピングモール内でのイベント広場空間ということで、
展覧会目当ての方だけでなく、広くたくさんの方々に見ていただけたのではないかなと思います。

今回、ダブディビ・デザインの活動の原点として、
みっくすさいだーの原画・商品の展示が行われました。
みっくすさいだーとは、2006年に当時の神戸芸術工科大学ファッションデザイン学科の学生有志と私、
原画作者である中村清剛くんではじめたデザイングループです。
ブランド名として商品化にも取り組み、過去には、大丸やフェリシモなどでいくつかのデザインが商品化されました。

みっくすさいだーの一番最初の作品です。
タペストリー(写真右)は、大学のラボでみんなで手捺染で制作した力作です!

中村君の動物の絵なんですが、私が保管しているだけでも、とにかくものすごい数があるんですね(^_^;
今回、co-jinさんが工夫してくださり、こんな展示方法にしてくださいました。

動物の絵を描いて、その形にハサミでグルっと切り抜いています。
当時の中村君は、みっくすさいだー用に原画作品を持ち込むのに、動物を切り抜いて持参してくれていました。

表にはその動物の名前が書いてあり(時には、和名と英名が並びます)、
裏にはその動物の鳴き声が書いてあります。

今回、数年ぶりに中村君に再会できましたー♪♪
記念写真をパチリ(^o^)

co-jinさんが用意してくださった今回の展覧会のチラシに使用されたキービジュアルのシールです。
それを中村君が自分の展示スペースに貼り付けます。

こんな感じになりました。

みっくすさいだー以外にも、ダブディビ・デザインの過去の商品化事例として、
フェリシモで商品化された長村良彦さんの作品【ヘキサゴンとペンタゴン】とその柄のお洋服も展示しました。

また、今春販売開始になる一番新しい商品化事例として、
ブルーミング中西×ダブディビ・デザインのハンカチも展示していただきました。
左が、枝松直子さんの原画作品【夏のあじさいの わがしのにおいがする 森の小びとのようせいたちの カフェテラス】と、
右が、山出高平さんの原画作品【夏の貼り絵】です。
こちらの商品については、来週初めに正式に発表させていただきますので、詳細は今しばらくお待ちくださいね!!
そして、ダブディビ・デザイン以外の展示作品もいくつかご紹介しますね。

【ロボット】八島孝一さん
八島さんは、道でいろんなモノを拾ってきては、それをつなぎ合わせ立体物を制作されていたそうです。

【流血雄也】川上建次さん
作品自体とても大きなサイズで、迫力満点の作品でした!

【花の小物】国保幸宏さん
京都のアトリエやっほぅ!!に所属する作家さんですね。
色の重厚な重なりと、何とも言えない柔らかなニュアンスが素敵です。

そしてこちらは、岡山にある福祉事業所ぬかつくるとこに所属の作家さん、戸田雅夫さんのインスタレーション作品。
「とだのま」という戸田さんんが営むおみくじ屋さんを、この展覧会会場でも再現したそうです。
※「とだみくじ」の体験イベントは、展覧会初日限定の実施だったため、
 残念ながら私は参加できませんでした…。

とだみくじはこんな感じ。
戸田さんがふと思った言葉をその場で書いてくれるそうです。
いつか是非、私も書いてもらいたいです。
★共生の芸術・Exhibition1の詳細はこちら→http://co-jin.jp/exhibition/609/
尚、Exhibition3はco-jinにて3/18まで開催中です!
また改めて、Exhibition2とExhibition3の模様もご紹介させていただきますね♪
(ということで、後篇につづく・・・)


この記事をシェアする