日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

≪書籍の紹介≫ 【障がいのある人の創作活動 実践の現場から】

ダブディビのお知らせ2016/08/23



【障がいのある人の創作活動 実践の現場から】
服部 正 編者

先日、こんな書籍が出版・発売されました。
服部正さんと言えば、日本でのアールブリュット研究の第一人者のお一人ではないかと思います。


【アウトサイダー・アート 現代美術が忘れた「芸術」】
服部 正 著

私は数年前、この本を読み、なるほどなるほど!と思ったのをよく覚えています。
(今改めて見直すと、付箋ペタペタつけていたり、赤線ひいていたりしていますw)

そしてなんと!!!
今回、その服部正さんにお声がけいただき、この書籍の共著として私も少し文章を書かせていただきましたーー!!!


【障がいのある人の創作活動 実践の現場から】

とにかく、ものすんごい実践者である皆皆様が共著として名を連ねておられます!
やまなみ工房 山下完和さん、早川弘志さん
しょうぶ学園 福森伸さん
奈良たんぽぽの家 岡部太郎さん、森下静香さん
大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員・音遊びの会 沼田里衣さん
九州大学大学院助教 長津結一郎さん
アトリエインカーブ 神谷梢さん
あとりえすずかけ 三栖香織さん
アーツ千代田3331 中村政人さん
社会法人グロー 田端一恵さん
西淡路希望の家 金武啓子さん
埼玉県立近代美術館学芸員 前山裕司さん
同志社大学創造経済研究センター特別研究員 川井田祥子さん
アトリエコーナス 白岩髙子さん、明子アルガマさん、安部由里子さん
社会福祉法人みぬま福祉会 宮本恵美さん

んでんで、株式会社ダブディビ・デザインの柊伸江・・・なのですーーーー!!!
錚々たるメンツ過ぎますっ!!
絶対におもしろい内容です(って、まだ読んでないのですがwww)

ちなみに、私が担当させていただいたのは、
2章 創作活動を就労支援に の中の、
<3.創作物を障がい者アートとしての商品に> という部分です。
P80~86のほんの数ページですが、精魂込めて書きました。

障害者アートにご興味ある方、福祉施設で絵とか描いたりしてるけどこの先どうしたものかとお悩みの方、
是非是非ご一読ください。

以下、紹介文です。
--------------------------------------------------—-
障がいのある人の創作活動について、
さまざまな疑問に答え
実践・作品を紹介する

彼/彼女らはどのような時に、どのような場所で創作を行っているのだろうか。
このような表現はどこから出てくるのだろうか。
そもそも何のために、この人たちは創作活動を行っているのだろうか。
このような創作行為に対して、何を基準にして判断を行えばいいのか。
作品は購入することができるのか。
どこに行けばもっと多くの作品に出会えるのか、など。

読者の皆さんが、自分なりの見取図を得るための助けになるように…

--------------------------------------------------—-

ご購入は、近くの本屋さんでご注文されるか、
あいり出版さんのサイトから購入できます!
詳しくはこちらからどうぞ→

そして、この本の出版を記念して、こんなイベントが開催されます。

『障害のある人の創作について考える』
日時:9月17日(土)13:00~17:30
場所:甲南大学岡本キャンパス

   3号館324教室 ※聴講無料・予約不要
詳細はこのサイトから確認できます→

私も参加してみようかなと思っています。
関西方面の方、是非、ご参加くださいませ!

この記事をシェアする