日々の活動ブログ Blog

ダブディビ・デザインの
公式ブログ

障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。

2015/4/18 しょうぶ学園に行ってきました ~その3~

福祉系の情報2015/04/18


同じネタが続いておりますが・・鹿児島のしょうぶ学園訪問記のつづきです。

(訪問記その1はこちら→

(訪問記その2はこちら→


こちらは陶芸工房です。

大きな作品を作る方、小さな作品を作る方、様々です。
また、陶芸工房でお仕事されている利用者さんも、若い方・高齢の方、男性・女性、様々です。

これは、利用者さんの絵をもとに職員さんが開発された作品。
私がしょうぶ学園を訪問した時は、ちょうどギャラリーでこの作品たちが展示してあったのですが、めっちゃかわいかったのです!!!
売ってたら買いたかったのですが、今回は売っていませんでした、残念…

棚に並べて乾燥中。フフフ、かわいいです(≧▽≦)

窯も拝見しましたが、めっちゃ大きいっ!!!
この大きさの窯で月に何度か焼いているそうです。それだけよく売れる、ということなんでしょうね、すごいです。

場所が変わりまして、こちら布の工房です。天井が高いです◎

こちらの女性は、刺繍用の木枠を使って刺繍をしてらっしゃいます。

こちらの方は、布にマジックで丸い線を書き、その中を刺繍していきます。

この方は、フリーに(自由に)縫っておられました。柄のある生地に更に刺繍をするというのも、おもしろい表現です。

何気なく机の上にあるこんな作品。程良く力の抜けた“狙ってない感じ”がいいですねー♪

こんな作品もありました。言葉を縫う、っていう発想もおもしろいですね。

そしてそして一番アートだったのがこの方!!
小さな生地と糸で出来たパーツをつなぎ合わせ、それを部屋の一角に並べています。

一つ一つのモチーフはこんな感じ。小さく切った薄い四角い布をたたみ、糸で縫い、玉結びをしています。
全く意味のない形なのですが、彼が独自に生み出した形なのだそうです。それだけで既にアート!!

それぞれのモチーフをつなげた様子はこんな感じ。もうまさに現代アートとしか言いようがないです!!
どこかの美術館でもインスタレーション作品として展示したことがあるそうです。

<おまけ>

こちらの利用者さん、私たちの訪問を歓迎してくれ、とてもひとなつっこく話しかけてくれました♪

今回、私は子連れでお邪魔したのですが、うちの娘にも大変興味を示してくれましたw
うちの娘はなーーんにもわかっていませんが(^_^;)

どうですか??
皆さんもしょうぶ学園に行きたくなってきたでしょ!(^_^)
次回で最後のしょうぶ学園レポートになる予定!!
皆さま、お楽しみに(^o^)

この記事をシェアする